教育費重視の予算

教育問題が地域や国の将来に直結していることは否めません。
地方でもそれは重視されています。

--------------------------

伊根町、一般会計22億9600万円 10年度予算案 子育てや教育重視

3月5日11時19分配信 京都新聞
 伊根町は4日、2010年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度当初比5・7%増の22億9600万円、8特別会計を合わせた総額は同4・5%増の35億円。子育てや教育、住民の地域づくりへの支援を重視した積極型の予算で、10日開会の3月定例議会に提案する。
 一般会計の歳出では、教育費が前年当初比60・6%増の3億3600万円、総務費も同12・7%増の3億2100万円、民生費は3億8400万円で、同2・4%増えた。
 主な事業では、伊根小と本庄小の耐震化事業に1億3500万円、伝統的建造物群保存地区に選定されている舟屋群の修理補助に2900万円を計上。
 総務関連では、環境保全など住民団体の活動に上限50万円を補助する活(い)き生きまちづくり応援事業に1千万円。福祉分野では、1カ月1千円の自己負担上限を高校生まで拡充する健やか子育て医療費助成事業に380万円を充てた。
 歳入では、固定資産税などの超過税率を標準税率に戻すなどしたため、町税が同9・2%減の1億6700万円。地方交付税は同4・1%増の12億6千万円。町債は21・0%増の2億6900万円を発行し、一般会計の町債残高は29億6200万円になる見込み。
----------------------

教育費がなんと60%アップ。
ただ、町債も21%増加。

借金も増えているのか。

教育 関連ニュース

教育 関連リンク集