美容
美容用品・ニキビ対策・バスト・ダイエット
自動車
自動車・中古車・下取り査定・買取査定・オートバイ
キャッシング
キャッシング・カードローン・消費者金融
コスメ
コスメ・化粧品・ファンデーション・美容液
その他
その他、生活、実用、趣味、保険
エステ
エステティクサロン・エステティシャン・美容・脱毛・ヒゲ脱毛
FX
FX・外国為替証拠金取引・業者・為替情報
ギフト
ギフト・プレゼント・贈り物・お中元・お歳暮・誕生日
引越し
引っ越し・転居・引越業者・転居案内
育毛
育毛・養毛・スカルプケア・頭皮ケア
結婚・婚活
結婚・婚活・出会い・婚活サービス・結婚相談所
健康
健康・病気の予防・健康食品・サプリメント
教育
きょういく・塾・ゼミナール・セミナー・資格
レーシック
レーシック・レーザー治療・視覚・視力回復
リンク集
リンク集・インターネット情報・ブログ

宅配水・ウォーターサーバー・ボトルドウォーター
マネー
マネー情報・金融・お金
プロバイダー
インターネットプロバイダー・回線業者
お金
お金情報・マネーインテリジェンス
ファッション
ファッション・衣料品・アパレル
旅行
旅行・宿泊・ホテル
ビジネス
ビジネス情報・仕事・経営

最新ブログ記事一覧

中性脂肪、コレステロールが高い人のための薬があります。高脂血症に用いられる薬ですが、医療機関だけではなく、医薬品として薬局やドラッグストアでも販売されている薬もあります。最近ではコマーシャルまでやっていますから、ご存じの方も多いと思います。医療機関で処方されているものはいいとして、ドラッグストアで購入する場合、自己判断ではなく、販売店の薬剤師に必ず相談するか、かかりつけの医者に相談しましょう。もと

生活習慣病.com

青汁を飲むことで体感できるかもしれない効果をまとめてみました!!糖尿病の予防心筋梗塞・脳梗塞の予防痛風の予防がん予防(特にケールを主原料とする場合)冷え性改善美肌効果などなどの効果がります!!といってもやっぱり一番大きなものは慢性的な食生活の乱れを補ってくれることです。それによって様々な健康へのいい影響が与えられることを忘れないでくださいね!

青汁と生活習慣病

青汁がどうしても飲めない場合......野菜ジュース......というてもあるかもしれません。因みに私は野菜生活の新作のナイアガラミックスが大好きだったりします。でも......でも!!やっぱり野菜ジュースじゃぁダメなんです。野菜ジュースは野菜も少し取れる「ジュース」にすぎないのです。明日葉やケールなどの青汁独特の原材料から得られる効果が素晴らしいのでぜひ......我慢して青汁を飲んでみてくださ

青汁と生活習慣病

ちらっときいた話なのですが、今は給食で野菜を残したり少なめに持ってもらったりとかいうことができるそうですね......。私の時はみんな同じ量で残したら食べれるまでお残り......みたいなこともありました。そして家でも野菜をあまり食べる機会が減っていると......。そんな野菜不足の子どもたちに青汁を!!ご飯に少し混ぜたり、ホワイトクリームに混ぜてドリアを作ったりすれば不足しがちな栄養素を補給でき

青汁と生活習慣病

今日テレビをつけると健康番組をやっていました。芸能人が人間ドックを受けるというものなのですが......。やはり、生活習慣病が多いですね......。糖尿病 高コレステロール症 痛風etc...そしてテレビを見ながら あぁ全部青汁を飲めば予防になるんだよなぁと思ってしまいました!もちろん普段の生活が一番大事ですが......様々な病気に効く青汁はまさに万病治療薬だなぁと思いました。

青汁と生活習慣病

グルコサミンやコンドロイチンの摂取したい時、含有量の多いサプリを探したくなります。大手メーカーだけでも何社からも出ていますが、含有量は公表されているので、その比較は簡単にできます。グルコサミン一つとっても、1日当たりに摂取できる含有量を比較すると、1000㎎程度から1800㎎程度まで開きがあります。ただ、グルコサミン量が多いことと、それと自分に合うかどうかは別問題なので、数値を比較する他に、いろい

グルコサミン×コンドロイチンは本当に効くのか

先ほどの記事では青汁は昔は苦いものばっかりだったというお話しをしました。そして更に前の記事でその苦味の原因は原材料のケールだというお話しもしたようなきがします。......しましたよね?まぁ、ケールが主に苦味が強いのです。で、その苦味の素なんですが......それはスルフォラファンと言われる主にブロッコリーなどのアブラナ科の植物に含まれている成分が原因です。といいましてもこのスルフォラファンっての

青汁と生活習慣病

主要な軟骨成分としては、グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸が挙げられます。期待される効能に共通点が多いため混同されることが多いのですが、もちろん違いは見出されます。まず、グルコサミンは、アミノ糖の一種です。軟骨の構成要素たるムコ多糖類の構成成分でもあります。軟骨の修復を促す働きがあることが見出され、関節痛の改善にと、グルコサミンは注目度大の成分です。続く、コンドロイチンはムコ多糖類の一種で

グルコサミン×コンドロイチンは本当に効くのか